<< わかもとの知恵 | main | さあ、気ちがいになりなさい@フレドリック・ブラウン/星新一 訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
さびしいまる、くるしいまる。中村うさぎ
marumaru

図書館でなんとなく手にしてみた。
中村うさぎ女史の印象は よくもなく悪くもない。
というか 自分の欲望に正直に生きていられる(と 思われる)
ある意味うらやましい存在でもある。

中村うさぎ@出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

marumaru

初めて読んだのは 週刊文春での連載だったかな。
赤裸々につづるその文章は とても読みやすい。
普通では ありえないその状況を正当化できる彼女。
理想をとことん貫く姿。私には真似出来ない。

 共感できる文章が アチコチにあった


かといって 私は ホストクラブに はまることはないだろう。

でも15歳年下の男の子に恋をしたことは ある。
相手は 日本人ではない。心に傷を負って薬物に依存する
アメリカ人だったけれど。

そして その恋も もちろん終わってしまったけれど。

marumaru

手にいれることが出来ないからこそ 愛しく苦しい。
彼女の痛みが 伝わってくる作品でした。

カテゴリ:その他 | 17:46 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 17:46 | - | -
コメント
ショートコメント
| キーE璽 | 2008/08/05 1:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lindaxlinda.jugem.jp/trackback/9
トラックバック