<< 定番だけど 星の王子様 | main | チーズはどこへ消えた?/Who moved My Cheese? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
赤いろうそくと人魚@小川未明
作者の紹介から
小川未明 

この作品がずっとずっと読みたかったのだ。

未明のことは学生時代のゼミで学んだ。
先輩が担当だったので 私は ただ 黙って 聴いていた。

検索結果@作品紹介

小川未明文学館

未明文学館なのに・・・URLがmimeiになってる・・・いいのか?
苦笑。いいのだろう。ビメイでは変換がデキナイから。

akairousokutoningyo

赤いろうそくと人魚

私が購入した作品は 偕成社@絵=たかしたかこ だ。
物語の悲壮さに 彼女の絵はとてもよく合っている。
どこか レトロで。どこか懐かしい。

* *――――――――――*

このお話は とても 哀しい。
人を信じた人魚の母親の 怒りが 伝わってくる。

まるで 私自身のお話のようだ。
他者に我が子を託す気持ち。

信じるしかない。

* *――――――――――*

この物語がずっとずっと読みたかった。
でも なかなか 手に入らなかったのだ。なぜか?

ようやく今になって 手に入ったのは。
ようやく 読めるようになったからである。

そういう風に できている。 私の場合。

* *――――――――――*

人魚の母親は 人間を信じて 娘を託す。
ところが。金に目のくらんだ 人間は?

* *――――――――――*

ちょうど タイミングよく IT関連業者の不正疑惑が発覚した。
無料ポイント等で 不正にID取得した者たちに制裁処置が施された。

銀行員の預金着服事件は 止まることを知らない。
毎日毎日現金を見ていると 感覚が麻痺するのだろうか?

* *――――――――――*

人魚の母親は怒り悲しみ。そして人間に制裁を加える。
誰もこない神社。そこには もう神は住んでいないだろう・・・


* *――――――――――*



私の幸せは お金では買えない。
だから 欲しいものがあっても 我慢が出来る。
スーパーでは売っていないものが欲しいのだから。
ネットショップでは売っていないものが欲しいのだから。

たとえそれがもう二度と手にいれられないかもしれないけれど。
でも。 私は最後の最後まで 希望を持ち続けるだろう。


神様は見ている。きっと どこかで。私を見ているから。




私は 信じる。誰を? 人間を。 人間である私自身を。

神様はきっと見ている。

おそらく 人魚も。きっと どこかで。
カテゴリ:絵本東西 | 02:37 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 02:37 | - | -
コメント
赤いろうそくと人魚、昔なにかで読んだような読まないような気がしますけど、思い出せない・・・。
読んでないって事か。

そう言えば、読み聞かせしてくれるって、前に言ってくれましたよね。
イイカモ

しかし、ブログの数が多すぎです。
脱帽
| hinmi | 2006/01/17 10:21 PM |
これはさ〜・・・誘われて作ったんだけど・・・。
誘ってくれた人からは 嫌われちゃったんだ。

だから削除してもいいんだけど。シンプルでちょっと気に入ってるから。とりあえず ID確保ってことで。((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ

ドメイン取得しちゃったほうがいいのかもしれないけど。
有料だしね〜 ネットには これ以上投資したくないから。
仕方がないのさ。 ラララ〜
| | σ)... | 2006/01/18 4:49 AM |
読ませていただいていたのに、感想を書くつもりで忘れてました。

人魚の娘を育てた老夫婦が、お金に目がくらんで娘を売り飛ばしてしまいましたが、赤ん坊だったころの人魚の娘を拾った頃とは、まったく変わってしまった老夫婦を見るにつけ、人間は必要以上に欲を書いてはダメなんだ、と言う事を感じました。

林田さんがミクシィで「地球が怒っている」、みたいな事を書いているけど、こういった事が元凶なんだろうと思いました。
| 稟魅 | 2006/03/25 10:34 PM |
読ませていただいていたのに、感想を書くつもりで忘れてました。

人魚の娘を育てた老夫婦が、お金に目がくらんで娘を売り飛ばしてしまいましたが、赤ん坊だったころの人魚の娘を拾った頃とは、まったく変わってしまった老夫婦を見るにつけ、人間は必要以上に欲を書いてはダメなんだ、と言う事を感じました。

林田さんがミクシィで「地球が怒っている」、みたいな事を書いているけど、こういった事が元凶なんだろうと思いました。
| 稟魅 | 2006/03/25 11:54 PM |
いかん、また再送信してる。
なんでこうなるんだ!?
m(_ _)m
| 稟魅 | 2006/03/25 11:55 PM |
地球が怒ってるなぁって 感じているのは 故池波正太郎氏も似たような感想を抱いているよ。 都会に出たときのエッセイとかでね。。。稟魅は自然にあふれている場所にいるからなかなか気づかないかもしれないけど。
| | σ)... | 2006/03/26 2:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lindaxlinda.jugem.jp/trackback/4
トラックバック