<< 金子みすず と マザーグース | main | 赤いろうそくと人魚@小川未明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
定番だけど 星の王子様
あまりに 有名すぎて おそらく 感想を書いても
誰かとマッタク 同じような文章になりそうなので。

私の この本の イレギュラーな使用法を。

私は 大学時代 第二外国語でフランス語を選択していました。
教材は なんと♪
「星の王子様@フランス語版」 だったんですね。

まだ版権が フリーになってない時期だったので
先生の所有されるものの コピーだったんですが。

よい経験でした。

* *――――――――――*

これを お手本にして 英語版も買いました。

そして ふと 思うわけです。


世界各地に 旅した時に・・・その国の言語の
「星の王子様」が 欲しいって。

日本語版は もう 何度となく読んだので 内容はばっちり頭に入っています。

多言語を学ぶ際 有効活用できるんじゃないでしょうか

テキストは 山ほど売っているけれど。
私は オリジナルに こだわりたいです。

自分自身の方法が 一番よく 身につくことは 
体験上理解しているつもりなので。


ここ しばらく 英語から離れています。
日本語の難しさを 実感しているからなんですが・・・

そろそろ・・・他国へと戻りたくなっているのも事実です。。。

いつのなるのかな・・・
カテゴリ:絵本東西 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lindaxlinda.jugem.jp/trackback/3
トラックバック