<< 今日はみんなでくまがりだ | main | 定番だけど 星の王子様 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
金子みすず と マザーグース
あかるいほうへ あかるいほうへ・・・

一時期 テレビドラマでも とりあげられた彼女。

偶然 犬の散歩に行ったとき。落ちていたので。
拾って帰りました。

どうも・・中学校の印鑑が押してあるんですけど? 謎w

* *――――――――――* 

私は 彼女のことは あまり知りませんが、
彼女の 背景には 大正時代の 日本の著名な文人の影響があります。

ファザーグース と 比喩されている 大正時代。

いやはや。 いい表現だなぁ・・・シミジミ。

* *――――――――――*  日本は。

やはり 男性社会が基本ですね。女性は家を守る。

それは 古来の生活様式に近いわけであって。
本来なら それが自然なことのように思うわけです。

昨今は。DINKS だとか。共稼ぎが増えるようになって。

お金が ないと 生活できないから・・・


それは わかりますけどね・・・


先日。拝見した ニュースの一部の特集の中で。
不登校の中学生のインタビューがありました。

「 親と もっと 遊びたい 」 ですって。


私は・・・このテレビを 親が見たら 泣くだろうな・・・と。

えーと。 大変申し訳ないんですけど。

学校の教師のレベルの低下は。 保護者の学校に対する 過干渉
原因だと 思っていますから。

どの世代だとは 明記しませんけど。

ようやく 最近 団塊の世代の方々が 後悔しているようですし。
新聞の投稿欄を拝見しても。

いまさら!ネット社会の裏表に気づいているような方の投稿がありました。
45歳ですって〜 ☆彡 幸せでいいですね ♪

私と 同世代の お母さんは 子供を抱えて。都会で生活している 愚痴が 載っていましたけどね・・・

あなた? それが 普通じゃないですか?

なにを 甘えてるんですか???


* *――――――――――*  って 私は思います。


個人主義にしたのは あなたがたの責任でしょ?
違いますか?

すれ違っても 挨拶もしない ご近所さんは。
まぁ どうなんでしょうね? いざというときに?

* *――――――――――*  今からでも 遅くないです。

気づいた あなた 正解。


これからでも まだ 間に合いますから。

まずは 子供と 遊んであげましょう

朝 すれ違うご近所さんに 挨拶を


今の世の中は。 どうも。 暗闇を求めているように思います。

ネットでの スパムも 不幸のメールから ハッピーメールに
だんだん 変化してきました。

よい傾向ですね。 本当に そう 思います。

若い世代 10〜20代は とっくに きづいて 実践してますよ


* *――――――――――* 



いいんですか〜 お父さん お母さん?

毒舌が 自慢の 上司の みなさ〜ん ☆彡


明るいほうへ 明るいほうへ  歩いていきましょうよ。

朝陽に あたると 気持ちよいでしょ。

月光を見ながら 酔いを醒まして。 おうちに帰りましょうよ。



たまには 家族への お土産をもってね・・・・



林田は いつも 誰かのために 何かを買います。
誰かのために。 

基本は家族。もちろん。星になった家族にも。


あくまでも 私の場合ですけどね。

晴れ月

(・e・)
ひよこまーく

カテゴリ:絵本東西 | 09:12 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:12 | - | -
コメント
同じ分野のblogですね♪
「金子みすず」さんの本は今までまだ読んだ事がない記憶がします。

わたしはミステリー、サスペンス、推理、アクションっぽい最近の和書が多いです。
でもいろんな人の本の感想とか見てたら、読みたくなってきますよね。

あと 辻 仁成 は最初のピアニシモ以降、読んでなかったのですが、「サヨナライツカ」などは、「セカチユー」と比べ物にならないラブストーリーだと・・・。
ラブストーリーが嫌いでも一度読んでみてくださいね〜。
わたしも人に勧められて読んだ本です♪
| ルカ | 2005/11/10 4:40 AM |
辻くんかぁ・・・ミポリンの ご主人でしたっけね。

恋愛モノは 故 森瑤子 と 片岡義男で 完結しちゃってるんだよなぁ わははははは。〓■●_バタン

これからの季節 恋愛モノ読むと、ヒト恋しくなるから・・・
来年に まわします。 年末には誕生日もあるし。
シミジミ・・・・。

っていうか。いつも本当にありがとう。
いつでも どうぞ。待機しています。
| |-∂) | 2005/11/11 11:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lindaxlinda.jugem.jp/trackback/2
トラックバック