<< さびしいまる、くるしいまる。中村うさぎ | main | ハリー・ポッターシリーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
さあ、気ちがいになりなさい@フレドリック・ブラウン/星新一 訳


そのタイトルにドキっとして思わず手を取った。
翻訳はショートショートで有名な星新一氏。
好きな作家の一人でもある。

ハヤカワ・オンライン

フレドリック・ブラウン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

星 新一
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


12篇の作品が収められている。
そのタイトルをご紹介しておきます。


みどりの星へ Something Green
ぶっそうなやつら The Dangerous people
おそるべき坊や Armageddon
電獣ヴァヴェリ The Waveies
ノック Knock
ユーディの原理 The Yehudi Principle
シリウス・ゼロ Nothing Sirius
町を求む A Town Wanted
帽子の手品 The Hat Trick
不死鳥への手紙 Letter to a Phenix
沈黙と叫び Cry Silence
さあ、気ちがいになりなさい Come and Go Mad

タイトルの翻訳を見ただけでも星氏のセンスがわかるかと思います。
どの作品も原作の初出は1940年代だったりするのですが、
まったく古臭さは感じられません。
SFって本当に不思議なジャンルです。

私のお気に入りは ぶっそうなやつら と おそるべき坊や
シリウス・ゼロ あたり。ですが、どの作品も読後にゾクっとします。

なんとなく本当にありそうな気がして。

重たいドキュメンタリーを読んだ後のデザートにどうぞ。

カテゴリ:星 新一 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 19:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lindaxlinda.jugem.jp/trackback/10
トラックバック